2013年12月25日

リアルミンストレルからの届き物

PleaseDoNotBend.jpg
クリスマスイブのプレゼントに合わせたように注文の品が届いてくれました。

双子のハープ奏者であるHarpTwinsこと、
Kamille&Cannerly姉妹のサイトから申し込めるもの。

HarpTwinsPoster.jpg
封管の方にはミニポスター、そして封筒の中身はフォトコラージュ
どちらにも直筆のサインが入っています。(*´ω`*)

彼女たちの演奏する姿は、
YouTubeでの映像でしか見たことがないのですが、
それでもこうやって彼女たちの存在の証が
極東僻地の島国にまで届くのはちょっと不思議な感じがします、
これもコンピュータネットワークの魔法のおかげです。


彼女たちが演奏する「ロード・オブ・ザ・リング メドレー」の
プロモーションビデオを紹介します、
二人の姿は本当にエルフのよう。
曲ごとのイメージにあわせて衣装、撮影場所、髪型まで変えているという凝りようです。

LORD OF THE RINGS Medley (Harp Twins electric)
Camille and Kennerly




もうひとつのPV
撮影場所は、ホビット庄をイメージしているようです。

The HOBBIT - Misty Mountains Cold - LOTR
(Harp Twins) Camille and Kennerly




iTunesStoreamazon、そしてSoundcloudでも彼女たちの演奏は聴けるので
関心あるミンストレルの皆さんは機会あれば訪ねてみてください。end

Harp Twins
-Camille and Kennerly-


Official Facebook Fan Page:
www.facebook.com/CamilleandKennerly
Official YouTube Channel:
www.youtube.com/CamilleandKennerly
Official Twitter:
www.twitter.com/CamilleKennerly

Camille's IMDb Page:
www.imdb.me/CamilleKitt
Kennerly's IMDb Page:
www.imdb.me/KennerlyKitt

Official Websites:
www.CamilleandKennerly.com
www.HarpTwins.com

SoundCloud
https://soundcloud.com/camille-and-kennerly


posted by フェルマータ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | チェストのなかみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

iPad Air 購入しました

私もかねてから使ってみたいと思っていたiPadをついに購入しました。

私は今までiPhone 3GSを使っていたのですけど
とうとう新しいOSからも見放され、
5に買い替えようかと検討していたのですが、
実際のところほとんどアプリしか使っていなかったので
それならばいっそのことiPadにしたほうが良いと判断しました。

私は長年のMacユーザーで
中でも今は特にMacBook Airがお気に入りで現在2台持っています。
iPadも購入時期を見計らっていたのですが、なかなか踏ん切りがつかなかったところへ、
今回の 「iPad Air」という心くすぐられる名前に惹かれて決心がついた感じです。
 
最新のiPad Airも今までのモデルと同様、
エルロンドの様に薄く、ピピンの様に軽く、
そしてサムの様に色々な場面で役に立ってくれる優れものです。

そもそもiPhoneiPod touchのディスプレイは情報を確認したり取得したりするためにありますが、
iPadの場合には情報を生産したり編集したりするために使われるところが
大きな違いです。
例えば、私も試してみたのですけど、

「本体のカメラで撮影した画像をトリミング、サイズを調節し、コメント文を書いてブログにアップロードする」

これだけの作業をスマートフォンでやろうとすると かなり根性いると思いますが、
iPadを使うと比較的自然にできてしまいます。
この場合、適度な大きさのディスプレイは立派に「作業する場所」としての役目を果たしてくれました。
タッチパネルなのでマウスすら要りません(笑
使用するアプリケーションもiPadを利用してオンラインで見つけることができますし、
この記事もiPadのエディターアプリを使って書いています。

以前、ブログのニュースで日本の某ゲーム機メーカーの責任者が
「iPadなんて大きなiPod touchに過ぎない」と言っていたのを読んで、
危惧を感じました。
確かにディスプレイが大きければ扱える情報量も多くなりますが、
単に画面の大きさなど、見た目だけで判断してしまうと
物の本質を見誤ってしまいます。

その製品がどのように使われ、人々の生活にどう役立つかまでを考えていかないと
その企業はいつまで経っても二流の製品ばかり造り続けることになるのだろうと
思います。
メーカーの責任者がその程度の認識しか持っていないのでは
ゲーム機メーカーもいずれ過去の恐竜と同じ運命を辿るかもしれません。

書籍、音楽、映像、ゲーム、アプリケーションなどデジタル化できるコンテンツの全てを
簡潔に扱うことのできるiPadは
その製品が道具として人々の暮らしを大きく変える(特に情報の扱いに関して)
その可能性を秘めていると感じました。end

Apple - Life on iPad
posted by フェルマータ at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | チェストのなかみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

The Hobbit ~The Desolation of Smaug~ オリジナル・サウンドトラック

日本公開が待たれる「ホビット 竜に奪われた王国」の
オリジナル・サウンドトラックをiTunesStoreにて購入。
壮大なオーケストレーションに
ドンドン!ドンドン!!と地の底から響くような打楽器の音は
ホビットの世界観を聴覚から伝えてくれます。

スペシャルエディションと銘打ってあるだけあって、
サウンドトラックもエクステンデッドヴァージョンが多数収録されています。
このアルバムはiTunesStore特典として
31ページに及ぶブックレットがPDFファイル形式で同時入手できるようになっています。
HobbitCDBooklet00.jpg
中には作曲者直筆?のスコアの一部がメイキングとして掲載されていて、
音楽に関心のある方にも興味深い内容です。

おそらく音楽CDに封入されているものと同じでしょうか?
私はメディアは既に買わないようにしているので、確認できないのですが。

Booklet_HowardShore.jpg
Howard Shoreはこの様な御方、
(どうして音楽家って白黒写真が好きなんでしょうねぇ)
素晴らしいサウンドトラックを有難うございます、
これからも素敵な音楽を多く創られることを期待しています end

The Hobbit - The Desolation of Smaug
(Original Motion Picture Soundtrack)[Special Edition]

(PCによってはiTunesが起動する場合があります)
https://itunes.apple.com/jp/album/hobbit-desolation-smaug-original/id738405384
posted by フェルマータ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 破れた冒険家の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

全ての戦士達よ 角笛城に向かえ!!

ものは試しと、Big Battlesインスタンスに低いレベルのキャラクターで挑戦。
ちゃんと入れましたし、そこそこの戦果を上げることも出来ました。
それに、どういう訳か低いレベルのキャラクターで戦ったほうが何故か面白い(^^
普段以上の攻撃力が体感できるからでしょうか?

H'sDBB01-01.jpg
Lv40のチャンピオンで参戦

レベルが低いキャラクターだとスキルがまだ揃ってはいませんが、
Big Battles内のみで習得・発揮できるプロモーションを上げていくことで、
グループ戦ではともかく、
ソロ戦ならば十分インスタンス内で活躍できるようになってきます。
特にVanguard(白兵戦士)のRoleなどは、
既にレベルの高いキャラクターでは不満かもしれませんが、
低いレベルのキャラクターなら、伸びしろが多い分、
その恩恵をより多く感じとれることになりそうです。

H'sDBB01-02.jpg
アラゴルン・レゴラス・ギムリ達と共に戦います

Big BattlesはオフィシャルサイトではEpic Battlesとも呼ばれています。
Epic(エピック)はLotro内では、
原作の登場人物たちと時空を共有する意味合いもあり、
このBig Battlesもそのエピックのクライマックスのひとつでもある訳です。

そもそもBig Battlesのコンセプトは
プロモーションポイントや報酬の獲得ではなく、
「中つ国に語り継がれる角笛城の合戦を
できるだけ多くのプレイヤーに
(←これ大事)体験してもらう」
というのが最大のテーマです。
さもなければ、Lv20のキャラクターにまで志願者募集のメールが届いたりしませんから。
カンストした時点でメールが届く、という類のものとは異質のものです。
「ひとりでも多くの戦士達に角笛城を防衛して欲しい」
という物語の流れのようにも思えます。

H'sDBB01-03.jpg
Lv51のキャプテンでも参戦しましたが、
こちらはクラストレイト、プロモーションの選択に余地がありそうです。

初めはわけも分からず、ただ暴れ回っているだけの一兵卒ですが、
その内 段々と要領が判ってきて戦功も上げることが出来るようになり、
少しづつ強くなっていくところなどは、まさに本物の戦士の成長を見る感覚。

Big Battlesはエンドコンテンツではありません
まだ若いレベルのプレイヤーの方々も臆せずに
勝敗など気にする事なく角笛城での防衛戦を体験してみてくださいsoon

以前のBig Battlesについての記事
「体験!? Big Battle!!」
http://jfermata.seesaa.net/article/379806656.html

Big Battlesについての攻略情報他のBBS
LotRO 日本人用コミュニティ
http://arda.saloon.jp/lotrobbs/
posted by フェルマータ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Deepな情報ヘルム峡谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

チャリティ・アルバム Songs for the Philippines

台風により甚大な被害を受けたフィリピンへの救援活動を目的に
アーティスト達によるチャリティ・アルバム
Songs for the Philippines
iTunesStoreからリリースされています。

iTunesStoreは以前にも、日本で起こった大震災の救援活動のため
Songs for the Japanというチャリティ・アルバムをリリースしたこともあります。

Songs_for_the_PhilippinesiTunes00.jpg
Songs for the Philippines
https://itunes.apple.com/jp/album/songs-for-the-philippines/id764022051
(PCによってはiTunesが起動する場合があります)

ミンストレルである私は、音楽でも人助けができると信じています、
どうぞ皆さんも中つ国以外の国の人々にも救いの手を差し伸べてあげてください。end
posted by フェルマータ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | チェストのなかみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。