2015年05月25日

【感想】「ホビット 〜決戦のゆくえ〜」

ようやく「ホビット 〜決戦のゆくえ〜」 観る気になりました。
一・二部の流れに乗ってスマウグを撃墜するシーン辺りまでは
よかったと思えたのですが、
その後みるみる話の流れが間延びしていき、
エクステンデッド・エディションなど要らないんじゃないの?
と思えるくらい助長なシーンが多く見られました。
アクションシーンはゲップが出るほどタップリあったのに反し、
サイドストーリーがキッチリ収拾されていないという残念さでした。
まさか、物足りなかった分はエクステンデッド・エディションを買って観てね、
というわけではないでしょうね?

とは言え
原作に出てくるキャラクターを原作以上にイジッてしまうのは許されない話なので
それ以外のキャラクターのエピソードを増やして
物語を肉付けしていく位しか方法がなく、
結局、それが作品の水増し感を強く感じさせたり、
ビルボやドワーフ達の存在感や活躍を薄れさせる結果になってしまいました。
原作を知らない観客の皆さんだと「この映画の主人公は一体誰なの?」
という声も聞こえてきそうです。

いろいろとツッコミどころは多かったけど。
・・・そもそも、指輪物語ほど豊富なドラマを含んではいない
ホビットの冒険を三部構成にして制作するというのは無理難題。
その事くらい監督ならとっくに承知なはずですが、それをあえて行ったのは
経営者側からの何らかの強い要望があったのでしょうか?
あるいは映画の尺さえ長ければ喜ぶ、一部のファンの期待に沿ったもの?
監督もずいぶんと頭を悩ませたのではないかと想像しています。
ですがやはり、元々は良質な児童文学であるホビットの冒険を、
苦心してここまでのスケールの大きな映像作品にまで引き上げた
ピーター・ジャクソン監督は
それなりに評価してもよいのではないかと思っています。

The Hobbit: The Last Goodbye -Violin -
Taylor Davis



ホビット・LotRのキャラクター達が、スターウォーズやマーベルのヒーロー達のように、
永遠の定番映画キャラになってくれることを願います。
また20年位先になれば、リメイクされる可能性もあるかもしれないですね。end

蛇足ながら、ちょっと気になったのは。
ラスト間際で、ガンダルフがパイプの手入れを延々と行って
結局パイプ草をくゆらせることがなかったのは、
やはり映画本編での喫煙シーンを撤廃する という
昨今の時勢に沿ったものなのかもしれません。


posted by フェルマータ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 破れた冒険家の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

動画を高く評価しました。【映像】LOTR Remix

動画を高く評価しました。【映像】LOTR Remix

The Fellowship of the Ring (LOTR Remix 1 of 3)

この映像を見ていると、ビルボの家の天井でガンダルフが頭を打ったのは、
サルマンの術のように見えてしまいますね (^^;

The Two Towers (LOTR Remix 2 of 3)

LotRファンの方なら大抵の方が知っている
"THEY"RE TAKING THE HOBBITS TO ISENGARD"が
さり気なく混じっています (^^

残念ながら(3 of 3)は著作権の関係からか、
日本からは観ることができないらしいです。end
posted by フェルマータ at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 破れた冒険家の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。