2013年11月18日

【映像あり】ルーンキーパー Deepなスキル(1)

今回のHelm's Deepアップデートにより、
ルーンキーパーのスキル他が大幅に刷新されました、
盛り沢山になりそうなので、数回に分けて特集したいと思います。

今回のアップデートでの変更の概要としては

1.調律(Attunement)に関係なく、ほとんどのスキルが使用可能になりました。

Steady_Attunement.png
ルーンキーパーの要 Attunement

「じゃぁ 調律の意義はどうなるの?」ということになりますが、
以後、調律に関してはダメージ・ヒール量、
クリティカルチャンスにボーナスをつける働き
をするようになります。
スキル使用による調律の上がり具合も高めに修正されているようです。

RNKH'sD01-01.jpg
調律によりダメージ・ヒール量が上がるセット効果

初弾から高位スキルを撃ち込むことも出来るようになりましたが、
調律が上がるほどボーナスが付くため、
やはりダメージの高いスキルは、
調律が十分に上がってから使ったほうが旨味が増すというのは従来と同じです。

2.使用頻度の低いスキルの大幅な削除

DPS系スキルの一部のほか、
Their_Weapons_Shall_Not_Harm_Us-icon.pngTheir Weapons Shall Not Harm Us(傷・毒防御)
Do_Not_Fall_to_Storm-icon.pngDo not Fall to [Affinity](炎・雷防御)
Calming_Verse-icon.pngCalming Verse、Distracting_Winds-icon.pngDistracting Winds等など、
戦術防御系のスキルが、ことごとく削除されています。
ルーンの力で仲間を守るルーンキーパーの役目が減るのは残念ですが、
その分、戦術防御(Mitigation)はトレイトによって
各クラス毎に高められるようになったはずなので、
今回特に残す必要はないと判断されたのだろうと思います。

3.攻撃型ルーンストーンの追加

追加されたスキルとしては特にユニークなもの。
ヒールストーンとは別に、攻撃型ルーンストーンを召喚出来るようになりました。
ルーンキーパーの戦法ヴァリエーションを増やしてくれるものです。


トレイトとスキルの密接な関係

これは、全てのクラスに言えることなのですが。
今回トレイトの根本からの刷新により、スキルはデフォルト状態で使用できるものと
トレイトを設定することで開放・追加されるものとに別れました。
スロットがスキルで埋め尽くされ、溢れかえることを避けるための配慮だそうです。

その為、スキルスロットがかなり空きの出る状態になっています。
トレイト変更によりスキルが現れたり消えたりすることになるので、
冒険に出る前にどれが使えてどれが使えなくなったのか、
よく確認しておく必要があります。
スキルのスロット配置は、あらかじめ十分に整えておきましょう。


βテスト上でデモンストレーションを録画してきたのでご参考にして下さい。
トレイト切り替えによる、スキルスロットの変化にもご注目ください。

Lord of the Rings Online Helm's Deep
Runekeeper New Skill at "Iserngraf" (Beta)



元々火力の高いルーンキーパーでしたが、
今回の刷新により、攻撃力は更に高まっています。
攻撃は最大の防御なり」という言葉が、まさに相応しいクラス、
薄い装甲というデメリットを補って余りある火力です。
特に炎系のスキルなどは、あまりにも速くなった撲滅速度の為、
今までと同じ調子だと、スキルのタイミングがずれることもしばしばです(^_^;)

新スキル

雷系に追加された新しいスキルとしてWrit of Lightningがあります。

RNKH'sD01-02.jpg
Weit of Lighitning

これは相手に打ち込むと、相手にLightning系攻撃に対する
脆弱性を上げるデバフを付けてくれます。
他のWrit兄弟と同様、重ねがけ効果があり、
同一の相手に打ち込み続けるとデバフのランクが3段階まで上がります。

RNKH'sD01-03.jpg
Static Surge

トレイトセット効果で初めて開放される、最高位のスキル。
Epic_Conclusion-icon.pngEpic Conclusionを上回るダメージ量を誇りますが、
射程距離は5mと短めです。

RNKH'sD01-04.jpg
Static Surge発動!! ドワーフキャラの方が似合いそうなエモート
私には「電撃! /Boo!」に見えて仕方ないのですが

なお、このスキルが発動可能になると、
小さなスキルウインドウが表示され、発動可能であることを知らせてくれます。
このミニウインドウはスキルスロット同様、クリックしてスキル発動が可能。
これは今回から追加された、使用条件が揃うと表示される
Auto Skill Barと呼ばれるもので、
他のクラスにもいずれかで使われているはず。
好みの位置にドラッグしてレイアウトすることもできます。

RNKH'sD01-05.jpg
表示された、スキルウインドウ

RNKH'sD01-06.jpg
Concession and Rebuttal
("許可と反論"? ルーンキーパーのスキル名はどうしてこうもややこしいのでしょう?)

雷トレイトでの最高位スキル。
バフの一種で、使用すると戦闘が10秒以上途切れない限り
3分間効果が続きます。
雷系スキルの効果を大幅に強化してくれます。


炎系のスキルも、雷系のスキルに負けないくらい攻撃力が上がっています。
炎スキルの初弾で、キャラクターが相当怪しいエモートをしていますが(笑
あれは「ルーン文字を描いている」イメージなのかもしれませんね。


RNKH'sD01-07.jpg
Combustion

炎系のトレイトで開放される最高位のスキル。
相手の頭上から炎の玉を落とし、調律に伴ったダメージ量を与え、
更に5メーター範囲内にいる全ての対象にもダメージとDoTを与える強力なスキル。

RNKH'sD01-08.jpg
頭上からメテオ(火の玉)を落とし、地面もしばらく黒焦げに


なお、スキルによっては使用すると調律をリセットする
という対価を払うスキルもあるので
それぞれのツールチップをよく確認してみて下さい。
以前紹介したエナメルも、今後もまだまだ役に立ちそうです soon

※情報は変更の可能性があります。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。