2013年11月20日

【映像あり】ルーンキーパー Deepなスキル(2)

Lord of the Rings Online
Helm's Deep
Runekeeper New Skill at "Imping" (Beta)



まぁ、普段のクエストでこんなに頻繁に
ルーンストーンを召喚することはあまりありませんが(笑
今回はデモンストレーションという事で、多めに出してみました。

ルーンキーパーのシンボルアイテムでもあるルーンストーンが、
今回更に強化され、活用の幅が広がりました。

ヒールストーン

ヒールストーン召喚時のエモートが短くなっています。
またヒールストーン召喚スキルは、今回からトレイトにより開放される形になりました。
これによって、ヒールストーンの召喚を妥協して、
その分のスキルポイントを他のトレイトに回すことも出来ます。


攻撃型ルーンストーン

新しく追加されたユニークなスキル、攻撃型ルーンストーンには、
トレイトにより3種類にその性格が分かれます。

RNKH'sD02−01.jpg
Fulgurite Runestone

黄トレイトで召喚可能になる雷系のルーンストーン。
周囲の対象をスタンさせ、
相手の攻撃の手を止めてくれる効果があります。

RNKH'sD02−02.jpg
Volcanic Runestone

赤トレイトで召喚可能になる炎系ルーンストーン。
Valcanic(火山)の名の通り、辺りに炎を撒き散らし、
周囲の対象に炎DoTを与えます。

RNKH'sD02−03.jpg
Our Fate's Entwined

青トレイトのセット効果最高位で召喚可能になります。
相手にダメージは与えませんが、その代わりルーンキーパー本人や
仲間の受けたダメージの一部を自身に転送させ、肩代わりしてくれます。
以前ヒール系スキルにあった Our_Fates_Entwined-icon.pngOur Fate's Entwinedを再構成したもの。

それぞれのダメージ・ヒール量は、トレイトによってランク上げが可能です。
従来通り戦闘中も召喚可能で
更に、トレイトランクをMaxにすると召喚位置を任意に決めることができます、
映像を参考にして下さい。
タンクに群がる雑魚のそばにいきなり召喚させ、相手を翻弄させたりなど、
面白い使い方もできそうです。
なお、このルーンストーンのスタンとDoTですが、
場合によっては望ましくない結果になる場合もありますので
グループ戦の時にはリーダーと良くご相談下さい。


ヒール系スキル

ルーンキーパーの長けた能力のもう一面、ヒール系のスキルについて

トレイト最高位にHoTスキル
Bombastic Inspiration(お大げさな閃き)が追加されました。

RNKH'sD02−04.jpg
Bombastic Inspiration
3回までスタックし、スタックの回数によりHoT量が増加します。

また、トレイトにより、Epic_for_the_Ages-icon.pngEpic of the AgesにもHoTが付くようになります。

ルーンキーパーのヒールについてはそのスキルよりも
刷新されたトレイト仕様により、
その場でトレイトの切り替えが可能になったことの方が
大きなメリットだと思えます。
戦闘が切れさえすれば、DPS役、ヒール役を自由に行き来できるのですから。
これからはヒーラーとしてのルーンキーパーの活躍も
グループ戦で大きなウエイトを占めるようになるかもしれません。

更に追加して
プレイヤーによっては、スキルポイントが少なめの方もおられるかもしれません、
ヒール系のスキルDeedの完遂を後回しにされてきた方がそうです。
この際、これを契機として積極的にヒーラー役を勤め、
Deedを完遂させても良いかもしれません soon


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。