2013年11月22日

【映像あり】ルーンキーパー Deepなスキル(3)

Lord of the Rings Online
Helm's Deep
Runekeeper New Skill at "Parphád" (Beta)



地味に役立つスキル

RNKH'sD03-01.jpg
Flurry of Words

これは、以前から習得していたスキルのひとつです。
自分を中心として霜を呼び起こし雹を降らせ、
相手には中程度のDoTを、味方にはクリティカルチャンスを増す
バフ・デバフ系スキルなのですが、
詠唱時間が2秒もあるため不人気スキルでした(笑
私もしょっちゅう使うのを忘れていました。

雷と炎の間で、ほとんど顧みられることのない氷系のスキルですが、
しかし、調律に関係なく使用できるようになったことで、
少し事情が違ってきたようです。

このスキルを戦闘前に発動させておくことで、
自分の周りにバフ・デバフエリアを張っておけば、
絡んできた相手を、DoTとクリティカルで歓迎してやることができます。
更に、炎系のVolcanic RunestoneとのDoTコンボは強力です。
また、霜と雹を喚ぶスキルエフェクトのヴィジュアルもとてもユニークで、
まさにルーンキーパーならではの妙味あるスキルと言えます。
私もアップデートで削除されなくて良かったと思っています。

RNKH'sD03−03.jpg
Armour of the Elements

これは、自身をバリアで包み、ダメージを肩代わりさせます。 
また、接触した相手をスタンさせる効果もあるので
複数の相手に囲まれた時や、ボス戦でのガチンコ勝負の時などには有効です。
以前あったスキル Armour of Stormが残されたもの。

RNKH'sD03-02.jpg
Break the Bonds

アイコンが何かの使い回しなので見間違えるかもしれませんが、
新スキルです。
これは、単純にスタンから強制的に自身を回復させる効果があり、
ソロ戦の時には勿論、
ロアマスターの正義が間に合わなかった時にも予備として、
地味に役立つスキルです。


個人的な感想

今回のルーンキーパーの刷新に対して個人的な感想としては、
強くなった、というよりも、ヌルくなった、といった印象の方が強いです。
スポーツカーのマニュアルミッションがオートマチックになった、と
言えばわかるでしょうか?
まぁ、水準以上の攻撃力を出そうとすれば、それなりに苦心も必要ですが、
これなら、どんなヘタレが扱っても高いダメージが出るじゃない!? と言ったところ。

ルーンキーパーの高い攻撃力は、その複雑なスキル構造を理解できたものだけが
手に入れられるものだったと思うのですが、随分と様変わりしたものです。
当初の繊細さは影を潜め、火力に重きをおいた脳筋戦術クラスと化しています。

しかし、課金クラスでもある、ルーンキーパーですから、
関心のあるプレイヤーに対しては、敷居が下がったとも言えるでしょう。
これからも本来の魅力を失わないようにして欲しいと願っています soon


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。