2013年12月11日

全ての戦士達よ 角笛城に向かえ!!

ものは試しと、Big Battlesインスタンスに低いレベルのキャラクターで挑戦。
ちゃんと入れましたし、そこそこの戦果を上げることも出来ました。
それに、どういう訳か低いレベルのキャラクターで戦ったほうが何故か面白い(^^
普段以上の攻撃力が体感できるからでしょうか?

H'sDBB01-01.jpg
Lv40のチャンピオンで参戦

レベルが低いキャラクターだとスキルがまだ揃ってはいませんが、
Big Battles内のみで習得・発揮できるプロモーションを上げていくことで、
グループ戦ではともかく、
ソロ戦ならば十分インスタンス内で活躍できるようになってきます。
特にVanguard(白兵戦士)のRoleなどは、
既にレベルの高いキャラクターでは不満かもしれませんが、
低いレベルのキャラクターなら、伸びしろが多い分、
その恩恵をより多く感じとれることになりそうです。

H'sDBB01-02.jpg
アラゴルン・レゴラス・ギムリ達と共に戦います

Big BattlesはオフィシャルサイトではEpic Battlesとも呼ばれています。
Epic(エピック)はLotro内では、
原作の登場人物たちと時空を共有する意味合いもあり、
このBig Battlesもそのエピックのクライマックスのひとつでもある訳です。

そもそもBig Battlesのコンセプトは
プロモーションポイントや報酬の獲得ではなく、
「中つ国に語り継がれる角笛城の合戦を
できるだけ多くのプレイヤーに
(←これ大事)体験してもらう」
というのが最大のテーマです。
さもなければ、Lv20のキャラクターにまで志願者募集のメールが届いたりしませんから。
カンストした時点でメールが届く、という類のものとは異質のものです。
「ひとりでも多くの戦士達に角笛城を防衛して欲しい」
という物語の流れのようにも思えます。

H'sDBB01-03.jpg
Lv51のキャプテンでも参戦しましたが、
こちらはクラストレイト、プロモーションの選択に余地がありそうです。

初めはわけも分からず、ただ暴れ回っているだけの一兵卒ですが、
その内 段々と要領が判ってきて戦功も上げることが出来るようになり、
少しづつ強くなっていくところなどは、まさに本物の戦士の成長を見る感覚。

Big Battlesはエンドコンテンツではありません
まだ若いレベルのプレイヤーの方々も臆せずに
勝敗など気にする事なく角笛城での防衛戦を体験してみてくださいsoon

以前のBig Battlesについての記事
「体験!? Big Battle!!」
http://jfermata.seesaa.net/article/379806656.html

Big Battlesについての攻略情報他のBBS
LotRO 日本人用コミュニティ
http://arda.saloon.jp/lotrobbs/


posted by フェルマータ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Deepな情報ヘルム峡谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

Helm's Deep クラス新トレイト CPT・BUR・WDN編

新しいトレイトを丸撮りしてきました、
最後はミッドフィルダークラスです。
各ツールチップは映像を一時停止の機能で検証下さい。

実際のトレイトの解説については以前の記事を参考にして下さい。

Lord of the Rings Online
Helm's Deep
Captain New Trait (Beta)




Lord of the Rings Online
Helm's Deep
Burglar New Trait (Beta)




Lord of the Rings Online
Helm's Deep
Warden New Trait (Beta)



※情報は変更の可能性があります。

H'sDβ03-21.jpg
テストサーバに参加しているプレイヤーのため、
はるか黄金の森から応援にやってこられたようです soon
posted by フェルマータ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Deepな情報ヘルム峡谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

Helm's Deep クラス新トレイト LRM・RNK・MNS編

新しいトレイトを丸撮りしてきました、
2弾目は戦術クラスグループです。
各ツールチップは映像を一時停止の機能で検証下さい。

実際のトレイトの解説については以前の記事を参考にして下さい。

Lord of the Rings Online
Helm's Deep
Loremaster New Trait (Beta)



Lord of the Rings Online
Helm's Deep
Runekeeper New Trait (Beta)



Lord of the Rings Online
Helm's Deep
Minstrel New Trait (Beta)



戦術クラス中での今回の注目株はルーンキーパーの全面刷新
私もスタメンのクラスとして使っているので、
ルーンキーパーに関しては別枠で特集したいと考えています soon

※情報は変更の可能性があります。

H'sDβ03-20.jpg
テストサーバで見かけた衛兵さん、
どこかで見たようなマークの付いた盾を持っていました。
posted by フェルマータ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Deepな情報ヘルム峡谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

Helm's Deep クラス新トレイト CHN・GRD・HNT編

各クラスの新しいトレイトを丸撮りしてきました、
各ツールチップは映像を一時停止の機能で検証下さい。

実際のトレイトの解説については以前の記事を参考にして下さい。

※情報は変更の可能性があります。

Lord of the Rings Online
Helm's Deep
Champion New Trait (Beta)



Lord of the Rings Online
Helm's Deep
Guardian New Trait (Beta)



Lord of the Rings Online
Helm's Deep
Hunter New Trait (Beta)



H'sD03-17.jpg
ウォーバンドの相手も、ますます手強くなりそうです soon
posted by フェルマータ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Deepな情報ヘルム峡谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

明解?難解? Deepな新トレイト

今回は刷新されたトレイトについてご報告します。
なお、情報は変更の可能性があります。

概要編

新しいトレイトツリーパネルを開くとこのようになっています。
ウインドウ左端に3つのタブがあり、

上段はクラストレイト
中段がRace(種族)トレイト
下段がVirtue(長所)トレイトになっています

H'sDβ04-01.jpg
Raceトレイトウインドウ

H'sDβ04-02.jpg
Virtueトレイトウインドウ

RaceとVirtueトレイトについては
見た目でも判る通り、内容に変更はありません。
Raceについては内容の変更はありませんが、
Virtueの各上限はご覧の通りランク18に引き上げられています。

Race・Virtueトレイトの変更については、
今回から、バード(吟遊詩人)の所まで訪ねる必要はなくなり、
その場で、ドラッグ・アンド・ドロップすることで、
トレイトを自由に差し替えられるようになりました、
随分と安っぽくなったものです。


そして上段のクラストレイトの刷新が今回のアップデートでの
注目すべき目玉のひとつとなります。


クラストレイト

クラストレイトタブを開くと、まずこのような初期画面が現れます。

H'sDβ04-03.jpg
クラストレイトウインドウ(Minstrel例)
※画像は開発中のものです。

トレイトは以前と同様、の3種に区別されており、
それぞれを「トレイトライン」と呼びます。
それぞれのトレイトラインの名称、性格については従来と同様です。

画面上、大きく3つに別れた各トレイトラインには、
上からトレイトラインの名称、トレイトの性格の解説、
中段(Skills Earned)にはそのセットを選ぶと自動的に追加されるスキル、
そしてスキルアイコンの下には付与されるボーナスステータスが説明されています。

そして各トレイトラインの左側、縦に並んだ7つのアイコン
以前にも存在したトレイトのセット効果です。
マウスカーソルをアイコンにかざすとツールチップが現れるので
参考にしてください。

トレイトセットの設定は保存できます。
設定保存できるトレイトセットはデフォルトで2セット
右端にあるタブで保存してあるセットを切り替えることができます。
ミスリルコインを投資することで、タブを順次追加していくことができます。
複数の追加が可能ですが、最大幾つまで可能かは未確認です。

最上段右にあるRenameボタンをクリックすると、
トレイトセットに固有名をつけることができます。
各タブにマウスカーソルをかざすと、
つけた名前がツールチップ表示されるので、
セットを切り替えるときの目安になってくれます。


実践編

従来は、のいずれかをスロットに装備する数により
そのトレイトラインの性格が決まりましたが、
今回からは先にトレイトラインの性格を決めてしまいます

初期画面のトレイトラインの最下段にあるSpec One・Two・Three
対応するいずれかのボタンをクリックして、トレイトラインを決定します。

画面がトレイト設定画面に切り替わります、
どのトレイトラインを選んでも画面は共通です。
但し、左端には選択したトレイトラインのセット効果アイコンが並んでいます。

H'sDβ04-04.jpg
トレイト設定画面(Minstrel例)

各項目は逆さツリー状になっていて、
最上段の項目から順にポイントを投資していくことになります。

ウインドウ最下段、左にあるPoins Availableが投資できるポイント数、
Points Spentが現在投資したポイント数を表しています。
スキルポイントについては、タブ毎に独立しているので、
ひとつのタブ内でポイント全部を使い切っても大丈夫です。

スキルポイントはキャラクターのレベルアップや
スキルDeedの完了等で獲得・追加されていきます。
伝説本クエスト・クラスクエストについても、今回からは完了させると
スキルの習得ではなくポイントの獲得となります。
(なんとなく味気ないですが)

獲得しているスキルトレイトについては、
H'sDアップデート時にスキルポイントへと自動的に置き換わります。
アップデート前にDeedを完了させてしまっても、無駄にはなりませんので、
Deed完遂をアップデート後まで待った方が良いのだろうか?とか、悩む必要はありません。

H'sDβ04-05.jpg
Deed画面
ポイント獲得に変更されています

各トレイトについては
まだ有効化できないものは灰色表示になっており、
有効化可能になるとカラー表示に切り替わります。
各アイコンの下にはスラッシュの右側にランク数の上限、
左側に現在のランク数が表示されています。

各アイコンにマウスカーソルをかざすと、
その内容・効果がツールチップにて解説されています。
解説文には、いくつまでランクをあげられるかや、その効果量、
そのトレイトを有効化するにはあと何ポイント投資が必要か、などが記述されています。
そして左端には、選択したトレイトラインのセット効果のアイコンが並んでいます、
こちらは自動的に開放されていく仕組みで、ポイントを振る必要はありません。

有効化可能なトレイトを左クリックすることでトレイトのランクを上げていきます、
上げ過ぎた場合、右クリックでランクを下げられます

トレイトの内容については
初めはワケが分からないかもしれませんが
各トレイトの性格は大まかに分けて

1. スキルを開放するもの
2. スキルを更に強化するもの
3. 単純にキャラクターステータス
(Critical・Finesse・Mitigation etc…)を強化してくれるもの

に分けられるので、
自分がどのスキルを開放したいのか、必要無いか、
よく見極めてポイントを投資してください。
優先順位も上に挙げた順でベターだと思います。
ランクは、別に下位から順にMaxにしていく必要はありません、
必要なものを必要なだけ上げればOKです。
ご自身のポイント数とよく御相談下さい。

この仕様により、スキルには従来通りトレイナーから購入するものと、
トレイトによって開放されるものとにわかれました。
これはスキルスロットが必要以上にスキルで埋め尽くされることを
避けるための配慮だと聞いています。

ポイントを投資していくと
トレイトラインの背景に、対応した色の帯が少しずつ伸びてゆくのがわかります、
その帯の伸び方によって上位トレイトへの到達具合や、
どのトレイトラインにポイントがどのくらい投資されたかの目安となります。

H'sDβ04-06.jpg
トレイトラインの背景が少しづつ埋まっていきます。

それに連れて、左端に並んだセット効果アイコン列の背景も
色帯が同様に伸びてゆく
のがわかると思います。
スクリーンショットを参考にして下さい。
そしてそれまで灰色表示だったアイコンが
順にカラー表示になっていくのが判るはずです、
これでどこまでセット効果が有効化されたか確認できる仕組みです。
(有効化されると、効果音が鳴る という凝りようです)


ーー実は、このトレイト設定には大きな制約があります。
選択したトレイトラインに含まれるトレイトのランク上げは1ポイントづつなのですが、
トレイトラインから外れたトレイトのランクを上げるには2ポイントが必要になるのです。

例えば、赤トレイトラインを選ぶと、他の青・黄ラインのトレイト上げには2ポイント、
代わって黃トレイトラインを選ぶと、今度は青・赤ラインに2ポイントが必要となってきます。

つまり、3種のトレイトライン全てをカンストさせることは、まずできないという仕様です。
これが初めにトレイトラインを選ぶ必要のある最大のキモです。
「いずれかの力を高めるためには、他の何かを犠牲にする」という
Lotro伝統のコンセプトですね。
メリット・デメリットのバランスを上手くとることが
プレイヤーの技量が試されるところ。
どれを選択し、どれを妥協するかで、プレイヤーの個性が
トレイトに、更にはキャラクターに反映される仕組みです。


トレイト設定が完了し、「これで良し」となったら、確定しましょう。
下段右にあるApplyボタンをクリックするとトレイトが確定します、
スキルスロットに新しいスキルが追加されることを確認して下さい。
後はこの作業をタブ毎に行うことになります。
確定せずに他のタブを選んでしまうと、
設定が破棄されてしまうので注意してください。
(一応警告ウインドウは出ますが)
Cancelボタンをクリックしても、設定は初期化されます。

一旦確定したトレイトは以後変更はできません。
変更するにはRe-Specialiseボタンをクリックし、
また初期画面から始めてポイントを振り分ける作業になるので、
たいへん面倒なことになります。
Lv85前後のキャラだと初期化に1GPとか費用がかさみます、
十分検討してから確定してください。

トレイトセットについては、
一度設定してしまえば、その場で無料で切り替えが可能です、
これはとても便利。
ソロ用、グループ戦用などと、お気に入りの設定を決めておけば良いですし、
ルーンキーパーなら数秒でヒールトレイトに切り替えられるという、
今までになかった利点も出てきます。
ただし、戦闘中は変更できません。
トレイト切り替えのためのキーボードショートカットも現在は無いようです、
実装してほしいものですね。

将来、戦闘が切れた一瞬の隙を突いてトレイトを変更する、
といったテクニックも攻略のひとつとして使われるようになるかもしれません。


新トレイトの功と罪

今回のトレイトの刷新については、
初心者や、トレイトについてあまり詳しくないプレイヤーには
易しい仕様となります。
極端な話、トレイトの内容が全く解らなくても
とりあえず、トレイトラインを選び、
下位から順にランクを上げていけばなんとか形になるのですから。
しかし、ある程度の経験者となり、
レイドなどで、変則的でヒネリの必要なトレイトを組もうとすると、
この固定型のツリー式トレイトは少し面倒な事になるかもしれません、
条件によってはポイントが足りなくなる恐れもあります。
レベルアップによりどれだけのポイントが更に獲得できるのかも未知数です。

今回の仕様変更により、
当然トレイトセット効果も1種類だけになります。
以前のように、例えば赤4の青3でそれぞれのセット効果を活かす、などという
テクニックは使えなくなりました。

また、セット効果に組み込まれてしまったスキルもあります
例えば、ミンストレルの場合、
戦闘中蘇生を可能にするRally!Rally_skill-icon.png青トレイトのセット効果に組み込まれましたが、
Song of AidSong_of_Aid-icon.pngやグレータネスことCall to GreatnessCall_to_Greatness-icon.png
黃トレイトラインに組み込まれてしまいました。
つまり双方を同時には使えなくなったということです。
同様のことが他のクラスにも生じている可能性は十分にあります、
プレイヤーによってはストレスの溜まる刷新かもしれません。
レイド戦などで、複数のスキルを組み合わせての攻略法を使っていたプレイヤーは
アップデート後、どのスキルが使えて、どれが使えなくなったのか
よく確認する事をお勧めします。
場合によっては、新たな攻略法を考える必要も出てくるかもしれません。

ですが、新トレイトによるキャラクターのスキル強化量は
全般に増してもいるようなので、
従来と同じトレイトの組み合わせは必要ない可能性もあります。
この辺りは実際に実装され、実戦を体験してからの判断になりそうです。


これらの内容とは別に、私が気にしているのは、
このトレイトに記述された内容以上のスキル・特性はもう追加されないのか?
という事です。
キャラクターのレベルキャップは今後も105、115と
上がり続けていくのは目に見えていますし、
トレイナーからまた新スキルを買うことになれば、以前に逆戻り、
追加されたら されたで、そのスキルの為に
またツリーを書き換えることになるのでしょうか。

それに、スロット仕様が廃止されたことで、
F2Pプレイヤーの場合、スキルトレイト追加はどのような形で購入することになるのかも謎です。
自分はF2Pキャラではβテストに参加できなかったので、
実装時に確認するしかないようです。

蛇足ですが、トレイトを変更するたびに、
スキルを追加したことを知らせるバッチ(右下の赤いトゲ)が
いちいちアイコンにつくのが個人的には目障り(笑

この新トレイト仕様は まだまだ、改良の余地が残されていると感じています。

この様に、初心者には易しく、経験者にはちょっと厄介な
新トレイトに変更されました。
今後は実戦を積んで理解・活用していくことになるでしょう soon


今回のトレイトの大幅な変更により、バード(吟遊詩人)の役割は事実上なくなりました、
これからは楽器を売って細々と暮らすことになりそうです。

H'sDβ04-07.jpg
角笛城にもバードはいましたが、すでに普通の楽器屋さんと化していました。
posted by フェルマータ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Deepな情報ヘルム峡谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。