2013年01月15日

【映像】ミンストレルのスカーミッシュ

The Lord of The Rings Online
Minstrel Skirmish -Thievery and Mischief-




Call of Eärendil
RoRにて追加された新しいスキルに、
Lv80で習得できる「Call of Eärendil」があります。

Call_of_Earendil01.jpg
Call of Eärendil

このスキルは、ハーモニースタンス時のみ使用可能になり、
前方3体までの範囲攻撃となっています。
相手に高いダメージを与え、
あわせて光ダメージに対する抵抗力を下げるデバフを相手につけてくれ、
以後10秒間 光ダメージの効果を高めてくれます。

Call_of_Earendil02.jpg
映像では、ミンストレルらしく「光の声」を放っているようにも見えますね。
(”クシャミ”みたいだ とか言わないでください(^_^;)

このスキルの追加により、
戦の歌スタンス時と同程度の高火力スキルが使えるようになり、
ハーモニースタンス時にも攻撃力がアップしました。


散心マーク
ミンストレルのスキルのひとつに散心の歌(Song of Distraction)
というものがあります。

Song_of_Distraction01.jpg
散心の歌(強化版)

これは相手の索敵範囲を大きく減らしてくれるもので、
場合によっては攻略法の一つとして活用されることもあります。
このスキルが、何時からのアップデートからかは未確認ですが、
使用すると、効果のかかったMobの頭上に
青い仮面のようなマークが付くようになりました。

Song_of_Distraction02.jpg
Mobの頭の上に、マークが付いているのが判ります。

これは他のプレイヤーにも見えるはずです。
このスキルの強化版では、同時に3体まで効果があるのですけど
しかし時にレジられる場合があり、その確認に手間取ることもしばしば有りました、
でも、これでどのMobに効果が入っているか否かを、
いちいちバイタルで確認する必要がなくなったわけです。
ただ、このマークはミンストレルのスキルのモノとしては
あまり優美なデザインとは言えないのですが(笑 end


posted by フェルマータ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ミンストレル応援講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

ミンストレル応援講座(14)

§気力不足は誰のせい??§

MNSを扱うときにおいて絶えず皆を悩ませるのがスキル気力コストの高さ。
気力コストが高く、気力回復スタンスも持たないのはヒーラー能力に対する代償といえるでしょう、
火力も高くなって、自己回復もでき、気力も途切れることがない、そんな都合のいいクラスなど成立しませんから。
アップデートによって、気力コストの節約・多少の回復もMNS自身でできるようになったとは言え、
それもあくまで緊急状態になった時の回避策が増えたということで、
決して今までより楽になったわけではありません、やはり自力での基礎能力の強化が必要になってきます。

皆さん 大抵最大気力は気にするのですが、それにも増して大切になるのが
戦闘中気力回復速度(in-Combat Power Regenerate=ICPR

すべてのスキル発動の基礎となるPower(気力)
戦闘中の気力回復力については全てのクラスにとって必須のものですが、
ミンストレルでは特にこの戦闘中の気力回復力は重要なファクターとなります、
近接クラスの攻撃は気力が切れたとしてもオートアタックで続けられますが、オートアタックでMNSのヒールは不可能ですから。
これはRNKやLRM等の戦術系クラスでもほぼ同様に言えることです。

雑魚がたくさんいる時などにはキャプテンの討伐ヒールが支援してくれるのですが、
ボス一体を延々と叩き続ける時など、殆どMNS単独のヒールが要となってきます、
長期戦でも気力が枯渇しないようにキャラクター・装備を強化しておかなければならないでしょう。

戦闘中気力回復力の確認についてですが、
キャラクタージャーナル画面の「Power」項目の上にマウスカーソルをかざすとツールチップが現れます、
その説明文の下から2番目、
“X,XXX Points Regenerate Per Minute While in Combat”
の数値を確かめてみてください、
それが戦闘中気力回復の値です。
(ちなみに一番下の項目は非戦闘中気力回復の値)

私(MNS)のICPR
fermataICPR.jpg
フル装備、バフ無しで1,542 となっています。
ICPRの数値は高ければ高いほど有利なので、この数値がベスト、という訳ではありません、
皆さんはどの位の数値になっているでしょうか?
もし、数値が極端に低い方がいたら、すぐに装備の見直しを検討して下さい。
私としては、他のステータスを後回しにしてでも、ICPRの付いた装備をまず優先的に選択するようにしています。

ICPR_Equipments.jpg
この様なICPRの付いた装備をマメに揃えていくことで全体の強化を図ります。


参考までに

RNKでは1,833
priusICPR.jpg
強い戦術力を持つRNKでは、ICPRは更に高めをマーク

Chisel_of_fire.jpg
Chisel
火炎系Chisel(彫刻刀)の持つステータスのICPR +202.5が非常に頼りになっています。


そしてLRMでは1,376
asukaICPR.jpg
まだまだ強化の余地が残されています。

防具、装身具はモチロンですが、伝説装備にはめ込むレリックについても同様です、
皆さん、DPS・クリティカルなどはすぐに気にされるのですが、
ICPRだって戦術クラスにとっては非常に大切な選択の要素となります、
決して飾りで付いている訳ではありません。

True_setting_of_Continuance.jpg
Moraleも上がりICPRも強化できる素敵なレリック、LotroStoreで購入できます

「気力が減ったらポットを飲めばイイじゃない」とか
「気力はロア・マスターが補充してくれるもの」と思い違いしている方がいたなら、
その概念は今日限りにしてください。
LRMが気を利かせて補充してくれるのは有難いことですが、
自分から気力補充を催促するなど、ヒーラーと名乗る者としては恥だと考えます。

戦闘中気力回復はまず出来る限り自力で強化しておかなければなりません。soon
posted by フェルマータ at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ミンストレル応援講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

ミンストレル応援講座(13)

ミンストレル新プラグイン(RoIヴァージョン編 No.5)

今回はミンストレル専用の新プラグインである、MinstrelBuffを紹介します。

RoIアップデートにより、MNSのバラッドによる自己バフ・アンセムの管理に対する重要度が上がりました。
しかし、ソロ戦ではともかく、グループ戦ともなると、他からもらったバフやら何やらで
自分のバイタルがとかく“大漁旗状態”になってしまい
どれが自己バフ・アンセムなのか素早く見極めることが困難です。


mb001.jpg
「私のバフは一体どれ???」

というような理由から、このMinstrelBuffが考案されたようです。

プラグインをインストールすると画面ほぼ中央にこの様なミニパネルが現れます、
Ctrl+\で好みの位置にレイアウトして下さい。

MinstrelBuffパネル
mb002.jpg


ワーデンのガンビットパネルを模した様な意匠で、画面の雰囲気を壊しません、
パネル上部の小さな3つのスロットにはバラッドバフが表示され、
下の大きめの6つのスロットには効果中のアンセムが表示されます。
そしてアンセムアイコンスロットの下には効果時間の残りが白いバーの減り具合で表示されるので、
どのアンセムを入れなおさなければならないかひと目でわかるという便利仕様です。

使用中のMinstrelBuffパネル
mb003.jpg


更に、このプラグインには少しばかりのオプションも用意されています、
チャット入力に /mb options と入力してください。

設定ウインドウ
mb004.jpg

この様なささやかな設定ウインドウが現れます。

Background visible はアイコン周りの“飾り”の表示・非表示を設定します。

Background visibleオン の場合
mb002.jpg

Background visibleオフ の場合
mb005.jpg


Fixed anthem Positonsはアンセムアイコンを発動順に左詰めで表示させるか、
特定の位置で表示させるか、を切り替えます。

Fixed anthem Positonsがオンの場合
mb006.jpg

Fixed anthem Positonsがオフの場合
mb002.jpg
ご自身の好みで設定して下さい。

このMinstrelBuffプラグインは このリンク先からダウンロードできます。
http://www.lotrointerface.com/downloads/cat56.html
手に入れて活用してみてください。

なお、プラグイン自体のインストール・管理に関してはそちらを専門に扱った記事を参考にしてください、
今回はプラグインの紹介解説に留めたいと思います。soon
posted by フェルマータ at 22:48| Comment(1) | TrackBack(0) | ミンストレル応援講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

ミンストレル応援講座(12)

ミンストレル新装備(RoIヴァージョン編No.4)

§新セット装備編§

Rise of Isengardで新たに追加されたLv75のセット装備について

私もようやくの事、セット装備の基本4セットを揃えることができました、
今回はその装備について取り上げます。
いずれは自分のMNSにも…と思われる方はご参考にしてください。

性能
各装備の性能については以下のとおり


Dirge-Singer's_Hat.jpg


Dirge-singer's_Shoulder_Pads.jpg



Dirge-Singer's_Robe.jpg


Dirge-Singer's_Gloves.jpg


Dirge-Singer's_Leggings.jpg


Dirge-Singer's_Shoes.jpg

マントはありません。

セット効果については、
2つで
戦闘中気力回復が+52.8
3つで
ヒール系スキルの気力コストを-10%節約
4つで
戦術攻撃力を+304、ヒール出力を+304追加
5つで
アンセムバフの持続時間を+5秒追加

という風に、首を傾げたくなるような効果が無いのが不思議なくらい、
Lotroのセット装備としては比較的まともな(笑 セット効果が発揮されます。
ステータスアップは装備各個に任せ、ミンストレルが本当に必要としている効果が無駄なく揃っている、という非常に使える内容だと感じます。

また、今回の装備の各性能は全般的にWill重視になっているので(というか偏重気味の感が…)
装身具などはWill・Fateよりは逆にVitalityなどを補う必要が出てきました、
その辺りはご自身のステータスをよく検討して判断してください。

見た目
見た目はこんな感じ
(肩と頭は未獲得)

Dirge-Singer's_set.jpg

黒を基調色としたもので、一見ローブのようにも見えますが、
実際にはトップとボトムは別パーツになっています。
ミンストレルの場合、トップの胸当ての(おそらく)プレート部分にはドラゴンの図案がデザインされており、
この図案は各クラスで異なっているようです。
ボトムはスカートではなく、レギンスパンツを履いた上から更に長い布地を腰から巻いたような感じ、
前が少し開いていて、そこから、脚がわずかに見えるという、ユニークなデザインです、
何処かの民族衣装からヒントを得たのでしょうか。
染色が可能になっているので、手に入れたら好みの色に染めて個性を更に演出してみましょう。
今回のスクリーンショットも装備をSea Blueに染めてから撮影しています。

入手方法
装備の入手方法について

胴・腕・脚・靴の入手にはSuperior Fourth Markと呼ばれるバザーアイテムとの交換が必要になります。

Superior Fourth Mark
Superior_Fourth_Mark.jpg

胴と脚についてはマーク30枚、腕と靴は18枚が必要です。

Superior Fourth MarkはLv75のFSクエストをチャレンジモードでクリアするか、
レイドスカーミッシュ(12人)をクリアするかすると もれなく獲得できます、
また、エレギオンにあるスクール・ライブラリのSFSでも獲得は可能です。
自分が参加した感触では、FSではちょっと立ち回りに自信がない、と言われる方も、
レイドスカーミッシュならば参加人数が多い分 各個人の負担が少なく、
あれよあれよという間にクリア出来てしまうので、初参加挑戦の方にはお勧めです。
ただし、FSクエストのチャレンジモードは毎日挑戦可能なのですが、
レイドスカーミッシュの場合は各クエストにつき、一週間の待機時間(CD)が発生します、
そのため、レイド募集があった時には募集されているレイドスカーミッシュを自分は一週間以内にクリアしていないかよく確かめる必要があります。


そして、残りの頭と肩、ですが、これは更に上位のDraigochレイドでの報酬のトークン(メダル)が必要になります。

頭用トークン
Scorched_Helm_Token.jpg

肩用トークン
Scorched_Shoulderguard_Token.jpg

こちらは今までのレイド報酬と同様、参加者全員のロール勝負になるので、
入手はかなり困難になってくるはず。
という訳で、基本的には前述した4箇所の装備を揃えた後、
Draigochレイドに参加、挑戦という流れになるでしょう。

Superior Fourth Mark集めについては私でもひと月くらいで集める事が出来たので、
基本装備を揃えるのなら、それほど大変なことはなさそうです。
カンストした後の次の目標として皆さんもマメに募集に参加してより優れた装備を手に入れてみては如何でしょう、
そしてその後、コンプリートに挑戦です。

ちなみに、ミンストレル装備に命名された“Dirge-Singer”とは“哀歌の歌人”という意味のようです、
戦場で仲間を鼓舞するミンストレルなのですから、“哀歌”というのはちょっと縁起が良くないように私には思われます、
“勇気の”とか“希望の”とかいう名のほうが相応しかったとも思うのですが、
なにか、原作の物語に因んでの命名なのかもしれません。soon
posted by フェルマータ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ミンストレル応援講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

ミンストレル応援講座(11)

ミンストレル新スキル(RoIヴァージョン編 No.3)

Fine&Segno_signature01.png
双子のミンストレル フィーネとセーニョ

新トレイト編

スキルの刷新によって、トレイトも半分以上変更されています、
時間がある時に御自身のトレイトセットを今一度見なおしておくのもよいでしょう。
アップデート前と同様、青トレイトはヒール系強化、黄トレイトはバフ・防御力強化、赤トレイトは攻撃力強化の性格は変わりません。

*なお、各トレイトの数値はキャラクターレベル、伝説装備等によって増減するものもあるので、ご自身のトレイトで再確認願います。


§The Watcher of Resolve§

バラッドバフにより、気力コストを自力で管理できるようになったため、
気力コスト節約等のコンサバティブな特性は無くなり、よりヒール力を高める前向きな特性が増えました。

Life-singer.jpg
Life-Singer ヒールスキルに10%のクリティカルチャンスが生まれます、バラッドバフのヒール出力を+1%追加してくれます。

Silver_Tongue.jpg
Silver Tongue クリティカルしたヒール出力を25%増加させます。

Focused_Performance.jpg
Focused Performance すべてのスキルの詠唱時間を10%早くしてくれます。

Gracheful_Demeanour.jpg
Graceful Demeanour Enlivening Grace(非戦闘中蘇生)では、詠唱時間が2秒短縮され、士気は20%、気力は30%増しで対象を蘇生します。
Rally!(戦闘中蘇生)では、詠唱時間が2秒短縮され、士気は20%、気力は30%増しで対象を蘇生し、待機時間が5分短縮されます。

Subtle_Movements.jpg
Subtle Movements もはやBolster Courageは妨害により詠唱を中断されることは無くなります。

Improved_Song_of_Soothing.jpg
Improved Song of Soothing Song of Soothing(鎮静の歌)の詠唱時間を無くし、効果範囲を+5メートル増やしてくれます。

Inproved_Raise_the_Spirit.jpg
Improved Raise the Spirit Raise the Spiritの待機時間を-1.5秒減らし、詠唱時間を半分に、ヒール出力を+10%高めてくれます。

Power_of_Song.jpg
Power of Song 最大気力をキャラクターレベルに従ってかさ上げしてくれます。
加えてWar-SpeechのCall系スキルを気力コストゼロで発動させるチャンスが10%の確率で生まれます。

セット効果については
2つで ヒール出力を+5%増加
3つで Chord of Salvationのヒール出力を+10%、メジャーバラッドバフでのヒール出力を+1%追加
4つで
ヒール出力を+10%、メジャーバラッドバフのヒール出力を+2%追加
Anthem of Compassion(ヘイト減少)を使用した場合、その効果を戦闘終了時かCodaスキルを使うまで持続。


§The Protector of Song§

アンセム系スキルが刷新されたため、その関連のスキル強化が主になります。
Glorious AnthemとSmooth Voiceを含む4つ以上の黄トレイトを揃えると、アンセムの持続時間が20秒に、待機時間が5秒となり、
複数のアンセムバフを途切れること無く入れ続けることが可能になります。

Glorious_Anthem.jpg
Glorious Anthem アンセムバフの持続時間を5秒間追加してくれます。

Absolute_Pitch.jpg
Absolute Pitch バラッドバフに必要な気力コストを-1%節約してくれます。

Heralded_Resolve.jpg
Heralded Resolve Herald's Strike使用時に、わずかに気力を回復させ、MNS自身のIncoming Healingを+10%してくれます。

Smooth_Voice.jpg
Smooth Voice 以前は、バラッド使用時のバフをフェローシップ全員に適用できるようになる特性でしたが、
今回大きく変更されました。
アンセムの待機時間を5秒短縮してくれ、バラッドスキルの気力コストを5%節約してくれます。

Flow_of_Harmony.jpg
Flow of Harmony アンセム使用時の気力コストを10%節約してくれます。

Battle-Hymn.jpg
Battle-Hymn Anthem of Prowessで回避率を161増加し、アーマー値を78増加してくれます。フェローシップ全員に効果があります。

Lyrics_of_Vravery.jpg
Lyrics of Bravery MNS自身の物理抵抗力を260増加し、戦術抵抗力を390増加してくれます。

Heralded_Saviour.jpg
Heralded Saviour Herald's Strikeを使用した時の回復量を25%増加してくれます。

セット効果については
2つで Call of Greatnessの待機時間を20秒減少
3つで アンセムの待機時間を5秒減少
パーフェクトバラッドバフでの気力コスト節約をさらに−1%
4つで
アンセムの待機時間を5秒減少
アンセムの持続時間を5秒間追加
パーフェクトバラッドバフ使用時の気力コスト節約をさらに−2%追加
ハーモニーモードでAnthem of the Third Age(Anthemパワーコスト-20%)を使用した場合、その効果を戦闘終了時かCodaスキルを使うまで持続。


§The Warrior-Skald§

赤トレイトを揃えることによるMNSの攻撃力は以前に増して飛躍的に上がりました、
特に今回から赤トレイトセット時のヒール力低下のペナルティが無くなったのは朗報です、
中装備が着用できなくなったことはほとんど問題にはならないでしょう。

Discordant_Melody.jpg
Discordant Melody バラッドスキルに5%のクリティカルチャンスを与えます。

Powerful_Voice.jpg
Powerful Voice Cry系・Calls系のスキルに対する相手の抵抗力を-910減らしてくれるチャンスが生まれます。

Lihgt_in_the_Dark.jpg
Light in the Dark バラッドとコーダのスキルダメージを+10%増加し、バラッドダメージのバフを+1%追加してくれます。

Unrelenting.jpg
Unrellenting Piercing Cryのクリティカルチャンスを+30%追加し、クリティカルすると相手を5秒間スタンさせます。

Herald's_Hammer.jpg
Herald's Hammer Herald's Strikeのダメージを+100%、つまり2倍にしてくれます。

Armour_of_song.jpg
Armour of Song ミンストレルは今回のアップデートから中装備を着用できなくなりました。
まぁ中装備が着用できなくなったからといって、急に勝てなくなるようなMNSはいないと思いますが(笑
本来、MNSにとって中装備というと、アーマー値以外のステータスは取るところのない結果になりがちです、
そのため思い切って廃止となった模様です。
その対価として装備のステータスを犠牲にすること無く、アーマー値を+20%してくれる特性に変更されました。

Improved_Echoes_of_Battle.jpg
Inproved Echoes of Battle Echoes of Battleのダメージを+10%します。

Enduring_Morale.jpg
Enduring Morale 最大士気をキャラクターレベルに伴ってかさ上げしてくれます。
加えて10%の確率でWar-Speech発動時にRaise the Spirit、Chord of Salvationを気力コストゼロで他プレイヤーに使用できるチャンスが10秒間生まれます。

セット効果については
2つで マイナーバラッドバフのダメージを1%追加
3つで バラッドスキルでのターゲットの抵抗力を1300減少
Cry of the Valar の待機時間を30秒減少
Cry of the Wizards の待機時間を30秒減少
4つで War-Speech時のバラッドスキルダメージを25%増加
マイナーバラッドバフのダメージを2%増加
Coda of Furyのダメージを10%増加
Anthem of War(War-Speechダメージ+10%)を使用した場合、その効果を戦闘終了時かCodaスキルを使うまで持続。
(現時点では実装されていないようです)


このようになります、なお、同じトレイトを5つ揃えた時に使用可能な伝説スキルについての変更はありません。

以上のように変更された、MNSの新しいスキルとトレイトですが、私の印象では「今ひとつ整頓されていないな」と感じます、
今までMNSをプレイされていた方でも戸惑う所が幾つかあると思います、
もう少し時間をかけて、ブラッシュアップする必要がありそうです。

Fine&SegnoatPartyTree.jpg
戦闘時の回復役だけでなく、普段から楽器演奏で皆を楽しませることが出来るのも
ミンストレルの魅力の一つ。

今回これらの変更・強化により、ミンストレルも単なる“歩く回復ポット”ではなく、より強く、頼れる存在として刷新されました、
次のアップデートでは、ヒール系スキルの強化を期待したいところです。soon
posted by フェルマータ at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ミンストレル応援講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。